2010年01月28日

地検捜索の2社、鹿島と密接=顧問・社長に元幹部−胆沢ダム下請け受注(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」をめぐる事件で、東京地検特捜部の家宅捜索を受けた中堅ゼネコン2社に、それぞれ鹿島東北支店の元幹部が、顧問や社長として再就職していることが20日、関係者への取材で分かった。2社は2004年に胆沢ダム(岩手県奥州市)本体工事を鹿島から下請け受注していた。
 同じく同工事を下請け受注した水谷建設(三重県桑名市)の元幹部らは、受注後に小沢氏側に5000万円を渡したと供述。特捜部は、ほかのゼネコンからも資金提供があった可能性があるとみて、鹿島や2社など参入業者から事情聴取している。
 特捜部は13日、政治資金規正法違反事件の関係先として、鹿島の本社や東北支店を家宅捜索。19日には、中堅ゼネコンの宮本組(兵庫県姫路市)、山崎建設(東京都中央区)を捜索した。
 関係者によると、宮本組は、同工事の当時、東北地方の談合仕切り役だったとされる鹿島東北支店元幹部を、08年1月に顧問として採用した。元幹部の自宅も今月13日に捜索を受けた。
 宮本組関係者によると、元幹部はほとんど出勤せず、勤務実態はないという。
 山崎建設は08年に会社更生手続きを開始。昨年5月、専門知識を持つ「事業家管財人」に東北支店長を務めた鹿島元役員が選ばれ、同10月に社長に就任した。山崎建設の広報資料によると、同管財人の人選は同社が進め、最終的に東京地裁が選任した。
 関係者によると元役員は、水谷建設などの下請け受注が談合により決まったとされる03年ごろ、鹿島東北支店長を務め、仕切り役だった元支店幹部の上司だった。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

ヒマラヤ氷河「2035年消失」は誤り(産経新聞)
<静岡空港>ピンクの妖精飛来 FDA3号機がブラジルから到着(毎日新聞)
首相「聴取受けるかは小沢幹事長の判断」(読売新聞)
七味唐辛子飲ませ4歳次男死なす 母の実刑確定へ(産経新聞)
普天間代替 退路断たれた政府 「5月決着」微妙に(毎日新聞)
posted by コミヤ タカオ at 06:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。