2010年06月03日

養子海外あっせん5年で90件、高額寄付要求も(読売新聞)

 民間事業者が国内外の夫婦に日本人の赤ちゃんを紹介する養子縁組あっせんが、2004年度からの5年間で627件あり、うち90件は海外へのあっせんだったことが、厚生労働省の調査で分かった。

 海外あっせんの場合、高額な寄付要求などトラブルにつながるとして超党派の国会議員らが新法による規制を目指しており、6月1日に東京・永田町の衆院第一議員会館で開くシンポジウムで法案概要を公表する。

 新法は、あっせん業を許可制にして透明性を確保し、代金に具体的な規定を設けることなどが柱だ。

 厚労省によると、08年度時点で13事業者が都道府県などに届けている。しかし、「費用は無料」とうたう都内の事業者がオランダ在住の夫婦に550万円の寄付を要求、「高すぎる」と拒んだ途端に「子供は用意できない」と告げるなどのトラブルが発生。

 厚労省は06年に運用指針を策定しているが、寄付金額の公表を拒む事業者がいるなど、実態がつかめていない。

<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
【新・関西笑談】有馬温泉を売る5つの“秘策”(1)(産経新聞)
<連帯保証人>説明義務規定を検討 法制審(毎日新聞)
「稚拙だった」 防衛政務官、普天間対応のまずさ認める(産経新聞)
「日本は反対運動を無視」=シー・シェパード元船長―東京地裁(時事通信)
posted by コミヤ タカオ at 22:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。